漢方約でイライラを軽減させよう【漢方薬の世界では抑肝散が有名】

正しく使って効果を発揮

服用する男性

飲み方を理解しよう

抑肝散は、成人の場合は1日に7.5gを2回から3回に分けて食前若しくは食間に飲む薬です。勿論成人であれば全員がこの量を摂取するわけではなく、その人の年齢、体重、さらに気になっている症状の重さ等によっても量は加減されます。したがって、基本的には病院で指示されたように飲む薬となっていますが、その際は水、若しくはぬるま湯を利用します。ただ、初心者の場合は薬の効果を期待しながらも、飲む習慣が無いからといって飲み忘れてしまう事があります。その場合、もし飲み忘れに気付いたらその時点で飲むようにするというのが基本となっていますが、タイミングによっては飲まないようにしなければなりません。飲んで良いのは次に飲む時間が2時間以上先になっている場合で、2時間以内にもし次に飲むタイミングが有る場合は1回分飛ばす事になります。また沢山飲めば良い薬ではないので、しっかりと処方されたように飲まなければならず、自分の判断で飲むのをストップするのも良くありません。また飲み忘れに気付いた場合、2回分を1回で飲んでしまえば1日の摂取量を満たす事が出来ると考えてしまいがちです。しかし2回分を1回に飲むのは体にも負担がかかってしまうことがあるので、必ず飲み忘れた時でも1回分だけを飲むようにします。基本的には指示に従って飲めば良いのですが、もし副作用等が出てしまった場合は抑肝散を処方してくれた医師、薬剤師に相談するようにします。そうすればどのようにすれば良いかという事を指示してもらう事が出来るので、このまま飲み続けるか止めるか判断する事も出来ます。抑肝散はその名の通り、肝を抑制する効果が期待できると名づけられている漢方薬の事です。肝が高ぶってしまうと漢方ではイライラしたり怒ってしまったりする状態になるので、その肝の高ぶりを抑える働きが期待出来ます。この薬自体は、体力は普通にある人で、さらに怒りっぽかったり興奮しやすかったり、そしてイライラしやすい状態の人に処方します。症状で言えば、不眠症や癇癪、神経症、更年期障害等にも利用される事があり、服用する事で神経症状に効果が発揮されます。また子どもでも服用できる薬となっており、母親が精神的に不安定な時は子供も一緒に服用する、いわゆる母子同服で利用する事もあります。現代社会ではどうしてもストレスにさらされがちで、人によってはいつもイライラしているという事も少なくありません。その場合、ストレス発散が上手に出来ればそのイライラも軽減されたりする事もありますが、なかなかうまくいかない事もあります。そういう時にも抑肝散を服用すれば、気になる神経症状を抑える働きが期待できるのです。したがって、日頃からイライラしやすいと感じていたり、あまり眠れなかったり等の症状が気になっている場合等にこの薬は活用します。とはいえ、漢方薬なので即効性があるという訳ではなく徐々に効果が出てくる薬となっているので、まずは症状が落ち着くまで利用するというのが一般的です。またこの薬の効果をより発揮する為には正しく服用することがとても重要となって来るので、医師・薬剤師の指示に従って服用します。だから、イライラしたら飲むという薬ではなく、まずは食前に継続して服用することで、気になる症状の軽減・平癒を期待します。