漢方約でイライラを軽減させよう【漢方薬の世界では抑肝散が有名】

イライラを和らげる漢方薬

錠剤

高齢者にも使われます

精神神経症状に使われる薬剤には様々なものがありますが、漢方薬の世界では抑肝散が有名です。この漢方薬には蒼朮・茯苓・当帰・釣藤・牡丹皮・柴胡・甘草といったたくさんの生薬が含まれています。この抑肝散、もともとは小児科の処方で子供のひきつけに用いられていた漢方薬でした。それが現在では年齢を問わずに、様々な神経症状に用いられることが多くなりました。具体例を挙げると、神経症・ヒステリー・心因性慢性頭痛・てんかんなどに用いられています。更には更年期障害や高齢者の動脈硬化性の認知症の初期に使われることも多くなっています。この漢方薬を服用することで、抑うつ傾向をもととしたイライラ・不眠などを鎮めることを目的としています。不眠の原因には色々なものがありますが、イライラするなど神経過敏が影響している場合に抑肝散が用いられます。特に眉間やこめかみの痛みを訴えている場合はこの薬が適用となります。先述の通り、最近では認知症を伴った高齢者に処方されることが増えています。特に認知症で老人ホームに入居している高齢者に対して、認知症薬と共に処方されることが多いです。認知症患者は物忘れや物事をできないふがいなさに対して、イライラしていることが多いです。それを鎮めるためにこの漢方薬が用いられます。患者の状態や服用コンプライアンスなどから、1日3回処方や1日1回処方など、薬の飲ませ方は様々です。また腹部動悸の亢進が強く認められる場合は、抑肝散加半夏陳皮が使われることがあります。それは先ほどの生薬構成に半夏と陳皮が加わったものです。様々な神経症状に用いられることが増えている漢方薬の抑肝散。大建中湯や芍薬甘草湯などと並んで、日本国内の医療機関で良く処方される漢方薬です。最近では認知症の患者に出されることが多いです。これはある大学が認知症の周辺症状(不安やイライラなど)に対して有効であるという研究論文を発表したことがきっかけとなっています。認知症の患者の多くが施設に入所して、介護スタッフから介護を受けています。介護スタッフからすれば認知症による周辺症状が強く出てしまうと、介護の負担が強くなってしまいます。そこで抑肝散を病院で処方してもらうことで、周辺症状を抑えて介護に対する負担を減らしてもらう目的があります。またこの漢方薬は保険適用薬になっているので、病院で医師に処方してもらい、調剤薬局で薬剤師に調剤してもらえば医療費の負担を抑えることができます。今日本国内は高齢化社会を迎えていて、高齢者の数が増えています。当然認知症の患者の数も増えていて、介護施設に入所する高齢者も少なくありません。このような背景から、今後も認知症薬と共にこの漢方薬の処方が増えるかもしれません。抑肝散というと精神科や心療内科で処方されることが多いですが、認知症患者の処方は内科などで出されることが多いです。そのため、精神科や心療内科以外の診療科からもこの漢方薬の処方が増えるかもしれません。一方OTC薬には似たような薬が販売されています。それは抑肝散に陳皮や半夏が加えられた抑肝散加陳皮半夏という漢方薬です。やはり神経が高ぶりイライラしやすい人に使われます。

ハート

認知症にも効く漢方薬

精神科や心療内科では、認知症による感情の高ぶりや興奮状態を落ち着かせるために、抑肝散という漢方が使用されています。病院を選ぶ際はバリアフリー化されていたり、自宅や高齢者施設から近い場所を選び、診察時に家族が立ち会うことが重要です。

詳しく見る

服用する男性

正しく使って効果を発揮

抑肝散は食前若しくは食間に水、若しくはぬるま湯で服用し、継続して飲むことでその効果を期待できる漢方薬の事です。イライラしたり怒りっぽくなる、癇癪を起す等の神経症状に対して効果が期待できるので、症状の軽減平癒目的で活用します。

詳しく見る

ハート

高い効果を期待できる

抑肝散は認知症治療における薬剤のひとつです。漢方薬で、鎮静作用が期待できます。効果は大きい反面副作用のリスクもあります。血液検査で副作用のリスクをコントロールすることができるので医療機関における血液検査の実施の有無を確認することが大事です。

詳しく見る

人気記事

ハート

認知症にも効く漢方薬

精神科や心療内科では、認知症による感情の高ぶりや興奮状態を落ち着かせるために、抑肝散という漢方が使用されています。病院を選ぶ際はバリアフリー化されていたり、自宅や高齢者施設から近い場所を選び、診察時に家族が立ち会うことが重要です。

詳しく見る

服用する男性

正しく使って効果を発揮

抑肝散は食前若しくは食間に水、若しくはぬるま湯で服用し、継続して飲むことでその効果を期待できる漢方薬の事です。イライラしたり怒りっぽくなる、癇癪を起す等の神経症状に対して効果が期待できるので、症状の軽減平癒目的で活用します。

詳しく見る

ハート

高い効果を期待できる

抑肝散は認知症治療における薬剤のひとつです。漢方薬で、鎮静作用が期待できます。効果は大きい反面副作用のリスクもあります。血液検査で副作用のリスクをコントロールすることができるので医療機関における血液検査の実施の有無を確認することが大事です。

詳しく見る